ここから本文です

菜々緒、生田斗真を悩殺!? 『土竜の唄』続編で“美脚の殺し屋”に

クランクイン! 8月1日(月)12時54分配信

 2014年に公開された映画『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』の続編『土竜の唄 香港狂騒曲』(12月23日全国公開)。その公式サイトのティザービジュアルで美脚を見せている女性は、本作に出演する菜々緒であることが判明、美脚が際立ったイメージビジュアルも解禁された。

【関連】「菜々緒」フォトギャラリー


 今作のキャスト陣は、前作に引き続き主演を務める生田斗真とともに、強烈なインパクトを残した、仲里依紗、上地雄輔、吹越満、遠藤憲一、皆川猿時、岩城滉一、堤真一も続投。また、続編からの新キャストとして、エリート警察官・兜真矢役に瑛太、玲二の最終ターゲットである数寄矢会会長・轟周宝の愛娘・轟迦蓮役に本田翼。はぐれヤクザ・桜罵百治役に古田新太。チャイニーズマフィアのヒットマン・胡蜂(フーフォン)役に菜々緒と、強力な布陣となっている。

 映画チラシが解禁後、そのビジュアルがインパクト大と解禁早々で話題を呼んでいる今作。舞台となる香港で、生田がスラリと伸びた艶美な足に挟まれている刺激的なビジュアルで「この美脚のお姉サマは一体誰?」とSNSを中心に盛り上がりを見せていた。

 そしてこの正体は、新キャストである菜々緒だったことが判明。解禁された全身ビジュアルでは、美脚を惜しみなく見せた艶かしい立ち姿の菜々緒が表現されている。チャイニーズマフィアの殺し屋を演じる菜々緒は「とにかく周りに負けないくらいのキャラクターを作りたいと思い、衣装やヘアメイクなどもこだわりました」と真摯に作品と向き合った様子を語る。

 また生田との共演に対して「以前、映画でご一緒させていただいていたので安心して撮影に臨めました。今回一番絡みが多くアクションもあったのですが、沢山アドバイスをくれたりしてすごく助けてもらいました」と感謝の言葉を口にしている。

最終更新:8月1日(月)12時54分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。