ここから本文です

ロッテの守護神・西野が抹消…最終回は益田が締めた!「緊張というより…」

ベースボールキング 8月1日(月)6時45分配信

○ ロッテ 2 - 0 楽天 ●
<16回戦・QVCマリン>

 2点リードの9回、この日登録抹消となった守護神の西野勇士に代わり、益田直也が勝ち試合の最後を任された。

 試合前に伊東勤監督は、「(益田)本人にはそういう旨を伝えました。これは状況でどう変わるか分からない。今の状態からしたら益田がベストだと思う」と話し、落合英二投手コーチも「残りは益田でいく。西野には、もう一度(抑えを)奪い取って欲しい」と話していた。

その言葉通り、2点リードの9回は益田がマウンドへ。「緊張というより涌井さんが7回まで、あれだけ必死に投げて7回を0に抑えた。野手も必死に2点を取った。追いつかれるわけにはいかないという思いが強かった」。強い思いを持ってマウンドにあがった益田は、先頭の島内宏明を一ゴロに仕留めると、続く代打・後藤光尊をシンカーで空振り三振。そして、最後は枡田慎太郎を149キロのストレートで空振り三振に抑えて、試合を締めくくった。

 益田は「三振を狙いにいくつもりはないし、とりあえず勝って終われればとしか思っていない。その中で、三振が取れればいい。たまたま三振が2つ取れた」と振り返った。

 2013年に最多セーブのタイトルを獲得したことのある右腕。「あの時とは違う。大分経験も積んできたつもり。これからですね」。過去にも経験したことのある持ち場で、チームの勝利に貢献していく。

BASEBALL KING

最終更新:8月1日(月)6時45分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)