ここから本文です

「金沢そだち」のナシ初競り

北國新聞社 8/1(月) 16:26配信

 金沢市が農産物ブランド「金沢そだち」に認証するナシ「幸水(こうすい)」の初競りは1日、同市中央卸売市場で行われ、約1・1トン、224個が競りに掛けられた。最高値は1箱(9個入り)3千円だった。

 JA金沢市によると、今年は高温少雨で、ナシの生育に適した天候が続いたため出来栄えは良好で、甘さも十分という。初競りは昨年より5日早い。初競りに先立ち、試食した山野之義市長は「甘くてシャリシャリでおいしい」とPRした。

 市農産物ブランド協会の橋田満会長とJA金沢市梨部会の東中守部会長もあいさつした。幸水の出荷は9月上旬ごろまで続き、昨年よりやや多い360トンを見込んでいる。

北國新聞社

最終更新:8/1(月) 16:26

北國新聞社