ここから本文です

五輪招集問題の渦中…所属クラブで先発の久保は無得点、地元紙評価伸びず

SOCCER KING 8月1日(月)7時40分配信

 スイス・スーパーリーグ第2節が7月30日に行われ、リオデジャネイロ・オリンピック日本代表FW久保裕也が所属するヤング・ボーイズはホームでルガノと対戦。9分にPKから先制したが、55分に同点に追いつかれると、83分にオウンゴールで逆転を許して1-2と敗れた。

 開幕戦は途中出場で1ゴールを挙げた久保。今節ではツートップの一角として今シーズン初の先発出場を果たしたが、同点に追いつかれた後の66分に交代した。

 地元紙『Berner Zeitung』は、試合後の採点で久保に「3.5」と低めの点数をつけた(スイス紙の採点は、最高6点、最低1点)。

 寸評では「五輪出場を阻まれたフラストレーションを、心から振り払おうとしているかのように見えた。前半は再三ミドルシュートを試みた。しかしながら、いつもの決定力不足が顔を出した」と綴られた。リオ五輪参加を巡る一連の騒動の渦中でモヤモヤを払拭しようと気合いを見せたものの、空回りに終わったと指摘されている。

 続けて、「後半に入ると姿が消え、やっぱりブラジルに行ってしまったかのようだった」と、低調なプレーぶりに皮肉を込められた。

 ヤング・ボーイズは次節、6日にトゥーンをホームに迎える。

SOCCER KING

最終更新:8月1日(月)7時40分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]