ここから本文です

チームを救うビッグプレー…雪辱の舞台で輝きを放つ、J注目の市立船橋DF原輝綺

SOCCER KING 8月1日(月)11時22分配信

 平成28年度全国高校総合体育大会(インターハイ)の3試合を“横綱相撲”で勝ち上がってきた市立船橋高校だが、瀬戸内高校戦は攻撃でイニシアチブが取れず、前半途中に4-2-3-1から4-3-3へシステム変更。守備からゲームを立て直すことを強いられた。相手に縦パスを通され、サイドを破られるシーンもあるなど、決して思いどおりの展開ではなかったが、朝岡隆蔵監督が絶対の信頼を置くDF杉岡大暉とDF原輝綺のJ注目センターバックコンビとMF金子大毅の3人が中央で穴を開けず、2-1で勝利した。

 特に原はビッグプレーでチームを救う。1-0の25分、市立船橋は瀬戸内にサイドを破られてMF浅野嵩人に決定的な左足シュートを放たれた。ボールはGKの横を抜けたが、その背後まで戻ってカバーしていた原がゴールライン手前でクリア。同点機を阻止したことで相手に流れを与えなかった。この日は珍しく失点につながりかねないパスミスもあった原だが、決定的なクロスを跳ね返し、中央のスペースを的確に消すなど勝利に貢献。注目DFは十分に力を発揮して見せた。

 原にとってインターハイは雪辱の舞台だ。昨年は主力DFとして決勝進出の原動力の一人となった。だが、東福岡高校との決勝では1-1で突入したPK戦でサッカー人生のターニングポイントとなるような悔しい経験。6人目として登場した原の右足シュートがゴール左へ外れた瞬間、チームの準優勝が決まった。

 その悔しさは成長へのパワーとなった。現在、判断力の高さと視野の広さ、正確なキック、そして複数ポジションでハイレベルなプレーをする原は、一部で年代別日本代表である杉岡以上の評価も得てプロ入りが決定的になっている。「去年、PKを外して得たものは大きかったですし、あの決勝で学ぶことは多かった。しっかり今年も決勝行って一段階レベルアップしていきたい。個人的には優勝することが去年の借りじゃないですけど、先輩たちへの恩返しにもなりますし、自分はDFなので、まずは失点しないことが目標」。今年は夏を笑顔で終える。

文=吉田太郎

SOCCER KING

最終更新:8月1日(月)11時24分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。