ここから本文です

アーセナル移籍報道のマフレズ…レスター指揮官「噂で混乱している」

SOCCER KING 8月1日(月)12時49分配信

 日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターのクラウディオ・ラニエリ監督が、アーセナルへの移籍報道の渦中にあるアルジェリア代表MFリヤド・マフレズについてコメントした。イギリス紙『デイリーメール』が7月31日に報じている。

 マフレズは今夏の移籍市場で他クラブへの移籍を決断する可能性を報じられ、現在は新天地候補としてアーセナルが有力視されている。7月28日付のフランスメディア『Le Buteur』によれば、アーセナルは3700万ポンド(約50億3000万円)を用意しており、数日中にも契約を結ぶ可能性があるという。レスター側もマフレズの残留を望み、2019年までの新契約を提示している模様だ。

 新シーズンに向けたトレーニングの傍ら、移籍問題の渦中に身を置いているマフレズ。去就に注目が集まる同選手についてラニエリ監督は「おそらくリヤドは、噂や憶測に少し気を取られていて、混乱している。私はそう感じている」とコメントし、以下のように続けた。

「それもまた、選手たちにとっては重要な経験となるだろう。我々のもとに残るべきだということを、彼自身は理解している。それが大事だ。彼はフィットネスを向上させて、昨シーズンと同じようにチームのためにプレーしなければならない」

 マフレズは昨シーズン、プレミアリーグで37試合に出場して17ゴールを記録し、レスターの優勝に大きく貢献した。PFA(イングランドサッカー選手協会)の選手選出の最優秀選手賞、同協会のファン投票による最優秀選手賞、そしてレスターサポーター選出の年間最優秀選手賞と、3つのMVPを獲得する大活躍だった。

SOCCER KING

最終更新:8月1日(月)12時49分

SOCCER KING