ここから本文です

ヴァーディ、アーセナルとは話していなかった…残留は「簡単な決断」

SOCCER KING 8月1日(月)12時38分配信

 レスターに所属するイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディが、レスターへの残留決断の理由についてコメントした。7月31日付けのイギリス紙『デイリーミラー』が報じている。

 アーセナルへの移籍が取り沙汰され、一時は合意報道も出ていたヴァーディ。最終的にはレスターと4年間の契約延長を結び、残留を決断した。

 ヴァーディはアーセナルとの交渉について尋ねられると「いや、彼らと話したことはないんだ」とコメント。続けて「いつも言っていることだけど、レスターの仲間意識は信じられないものなんだ。個人的には、まだここでやらなければいけない仕事が残っていると感じている。だから残留は大きなことでも何でもなく、とても簡単な決断だったんだよ。僕がいたい場所はここなんだ」と、簡単な選択だったことを明かしている。

 エースストライカーがチームに留まることになったレスターだが、フランス代表MFエンゴロ・カンテはチェルシーへ加入。現在、アルジェリア代表MFリヤド・マフレズのアーセナル移籍も噂されている。

 ヴァーディはマフレズについて「チームの誰もが彼に留まって欲しいと思っているよ」とコメントし、「でも、これは僕らにはどうすることもできない。リヤドとクラブの問題なんだ」と最終的な決断については、本人が決めることと強調した。

 レスターは現在アメリカに遠征中。インターナショナル・チャンピオンズ・カップに出場しており、3日には強豪バルセロナと対戦する。

SOCCER KING

最終更新:8月1日(月)12時38分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。