ここから本文です

川澄フル出場も米シアトル・レインは首位ポートランドに惜敗「非常に悔しい」

SOCCER KING 8月1日(月)12時38分配信

 アメリカ・ナショナル・ウィメンズ・サッカーリーグ(NWSL)のシアトル・レインは7月30日、アウェーで首位のポートランド・ソーンズと対戦。FW川澄奈穂美はフル出場し、右サイドからチャンスをつくったが、チームは0-1で敗れた。なでしこジャパン(日本女子代表)のスウェーデン遠征から戻ってきたMF宇津木瑠美は、ベンチ入りしたが出場機会はなかった。観衆は19231人。

 ポートランド・ソーンズは0-0で迎えた74分に、左後方からのクロスに頭一つ抜け出したデンマーク女子代表FWナディア・ナディムがヘディングで合わせて決勝ゴールを挙げた。勝ったポートランド・ソーンズは15試合を終えて勝ち点を29とし、首位をキープ。一方、敗れたシアトル・レインは勝ち点20で6位となっている。

 NWSLはリオデジャネイロ・オリンピックによる中断期間に入り、シアトル・レインは次節、8月27日にホームでポートランド・ソーンズと対戦。レギュラーシーズンは残り5試合で、シアトル・レインはプレーオフに進出できる4位以内を目指して戦う。

川澄奈穂美のコメント
「負けてしまったことが非常に悔しいですし、どうしても勝たなければいけない試合というのはみんな分かっていた中での結果なので残念です。シュートチャンスは自分たちもよくつくっていて、ボールを持っている時間はある程度あったんですが、前半のチャンスで決められないとやっぱり難しい試合になってしまうなというのは思いました。後半、相手は無理に攻めてこなくなって、ディフェンスは後ろで網を張って待ってるという感じになってきたので、前半にしっかりと決めきれてればもう少し違う展開になったかなと思います。

(2シーズンぶりに移籍して以降)まだ代表選手と一緒にやってないというのもありますし、移籍してからの5試合でシステムやメンバーも変えながらやってるので、その中で自分がどうフィットしていくのかという点では、まだまだ出来そうなことがあるなと思ってる段階です。もちろん2年前に一緒にやってたメンバーはどういうプレーヤーかというのもよくわかってますし、自分のことも理解してくれてます。

最後にFWの位置に置いてくれたっていうのも監督の意思の表れだと思うんですけど、得点にはこだわってやっていきたいです。今日に関してはシュートをほとんど打てていませんでした。もちろんシュートを打つことだけがすべてではないですけど、やっぱりゴールに近づける時の方が自分としてもリズムがいいというのもあります。クロスを入れることができた場面も何本かあったので、そういうところは引き続きやっていきたいと思います。

1試合も落とせないということは監督も言ってますし、もちろん今日もそういう試合だったんですけど、自分たちで厳しい状況をつくってしまっているのは反省点です。でも可能性がある限りしっかりと上を向いて前を向いてやっていきたいので、この中断期間もリーグ戦中ということはしっかりと念頭において、いいリフレッシュのできるオフにはしたいと思います」

宇津木瑠美のコメント
「代表の遠征から戻ってきてからチームの練習は2回だったので、自分を使うっていうのが難しいタイミングでもありました。時差も結構あるので、疲労感やコンディションについて監督やスタッフといろんな話をして、今回は出るチャンスがありませんでした。

今日の試合はカウンターのような形で、嫌な時間帯に得点されてしまいましたが、内容的にはもったいないというか、負ける試合ではなかったかなとは思いました。

もちろん勝ちたいというのもありますけど、日本人としてはこういう環境で試合を毎週やれるっていうのはすごくいい経験にもなりますし、そういう意味ではすごくいい雰囲気の中でやれたっていうのはよかったのかなと思います。

(アメリカの女子サッカーリーグの印象について)レベルのことはフランスも日本も、一概に言えないっていうのはあるんですけど、そういうことじゃなくてアメリカではサッカーっていうスポーツを国全体でとらえていて、お客さんたちがすごく楽しみにしてるっていうのが伝わってきます。そういう意味でホームとアウェーの違いがすごく大事というか、毎試合が国際試合のような環境でプレーしてます。

(今シーズンの残り試合に向けて)今日の試合はもったいなかったというのはあるんですけど、首位を狙えないほどのポイント差ではないですし、他のチームとの差も拮抗してます。自分たちは最後の最後まで勝ち点を取らなきゃいけないっていうのもあるし、得点もより多く取っていきたいです」

文=奥野剛史 Takeshi Okuno

SOCCER KING

最終更新:8月1日(月)12時52分

SOCCER KING