ここから本文です

ガットゥーゾ監督が辞任表明…就任1年目でセリエB昇格も、クラブと対立

SOCCER KING 8月1日(月)16時31分配信

 今シーズン、セリエBでの戦いに臨むピサを率いる元イタリア代表MFのジェンナーロ・ガットゥーゾ監督が、辞任の意向を表明した。イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が7月31日に報じている。

 ガットゥーゾ氏は「このクラブとは働くことはできない。全てのスタッフとともに辞任を表明する。取り返すことはできないものだ」と、クラブ側を厳しく批判して辞任を表明した。

 ガットゥーゾ氏は昨年夏、レーガ・プロ(イタリア3部リーグに相当)に所属するピサの指揮官に就任し、2年契約を締結。昨シーズンは就任1年目にして昇格プレーオフを制し、セリエB昇格に導いた。

 しかし、ガットゥーゾ氏とクラブ側の方針をめぐる対立が表面化。昇格決定直後には一度は辞任危機を回避したものの、最終的にはガットゥーゾ氏がピサを去るという結末を迎えることになりそうだ。なお同クラブの後任については、元ローマ指揮官のズデネク・ゼーマン氏が有力候補に挙げられている。

SOCCER KING

最終更新:8月1日(月)16時31分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。