ここから本文です

ベシクタシュ、バロテッリ獲得望むも…監督は敬遠「良い話を聞かない」

SOCCER KING 8月1日(月)17時6分配信

 リヴァプール退団が決定的と見られているイタリア人FWマリオ・バロテッリの移籍先候補の1つに挙げられていた、トルコのベシクタシュを率いるシェノール・ギュネシュ監督が同選手について言及した。イギリス誌『Four Four Two』の報道を引用し、スペイン紙『アス』が7月31日に報じている。

 先日の報道で、ベシクタシュのフィクレット・オルマン会長がバロテッリについて「彼は、我々のファンが支持するタイプの選手だと思う。大いに注目される選手だと確信しているよ。端的に言うと、我々はマリオ・バロテッリを望んでいる。彼もまた、そうなんだ」とコメント。同選手の獲得を希望していることを明言していた。

 しかしながら、これを聞いたギュネシュ監督は「私は彼について良い意見を持っていない。今まで良い話を1つも聞いたことがないからね」と、バロテッリに興味がないことを断言した。

 また、ナポリやアヤックスも移籍先候補として挙がっているバロテッリ。リヴァプール退団が既定路線となっているだけに、新天地探しに注目が集まっている。

SOCCER KING

最終更新:8月1日(月)17時6分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。