ここから本文です

負けず嫌いの有望GK廣末、理想を抱いた3度目の夏は“現実”を受け止める結果に

SOCCER KING 8月1日(月)20時3分配信

 敗戦を告げるホイッスルが鳴った瞬間、青森山田高校のGK廣末陸は膝から崩れ落ち、その場から動けずにいた。「誰よりもインターハイに強い気持ちを持っていたと思うし、3度目のインターハイということで、金メダルしか狙っていなかった。今の結果に満足はしていないし、(3位の表彰を受けても)嬉しいよりも悔しい気持ちの方が強い。試合が終わった瞬間は現実が受け止められなかった」。そう振り返ったように、高校生活最後の夏は満足のいく結果だったとは言えない。

 ただ、彼自身のパフォーマンスで言えば決して悪くはなかった。ディフェンス裏へのロングボールに対する反応、ハイボールの処理、そしてチャンスを演出した正確なロングキックとポテンシャルの高さを改めて見せつける試合であったことは間違いない。FKをDFが跳ね返した所をダイレクトで狙われた1失点目は、流通経済大学付属柏高校の榎本雅大監督代行が「外れたと思ったら、めっちゃ良いコースに飛んでいった」と振り返ったように、MF冨永和輝のゴールを称えるべきだった。右ポストに当たったこぼれ球を押し込まれた2失点目も不意に打たれたシュートには瞬時に反応していた。2失点とも廣末一人で何とかなる失点ではなかったが、「こういう苦しい試合で、流れを変えるプレーができなかったことが悔しい。調子が良い時は良いんですけど、パフォーマンスにムラがある。PKには自信があるので、1失点目、2失点目のどちらかを止めていれば、結果は違った」と後悔の言葉がこぼれ落ちる。

 そんな彼に対し、檄を飛ばしたのは黒田剛監督。試合後、チーム全体でのミーティングを終えるとベンチで落ち込み続ける廣末に対し、「(世代別)代表のGKで、Jリーグ入りも決まっているんだから、リーダーとして『次に、絶対にリベンジするぞ』という大人なメンタリティーになっていかないといけない」と語りかけたという。負けた直後に、あえて指摘するのは、「良い時は凄く良いんだけど、ショックを味わうと立ち直るまで時間がかかる。それくらい負けず嫌い。悔しがらないよりも良いんだけど、結果は仕方ないし、全国はこれで終わりじゃない」というメッセージを伝えるためだった。

 師から言葉を受け、廣末は「試合が終わって、少し時間が経って冷静に考えてみると、最初から相手に主導権を握られていたし、負けて妥当な試合だった。また、一からやっていくしかない。これまでの2年と違って、満足はしていないけど、3位という結果で大会を終えて帰ることができる。選手権の前にはプレミアリーグ(高円宮杯U-18サッカーリーグ2016プレミアリーグEAST)があるので、まずはしっかり1位をとりたい」と“現実”をしっかり受け止め、頂点へのまた新たな一歩を踏み出した。

文=森田将義

SOCCER KING

最終更新:8月1日(月)20時4分

SOCCER KING