ここから本文です

[総体]中心選手が意地の一撃、流経大柏MF本田憲弥が決勝点

ゲキサカ 8月1日(月)8時21分配信

[7.31 全国高校総体準々決勝 履正社高 0-1 流通経済大柏高 広島広域公園補助競技場]

 流通経済大柏高はMF本田憲弥(3年)が決勝点を叩きだした。0-0の後半4分、PAへ切れ込んだMF菊地泰智をサポート。左足シュートのこぼれ球を左足でゴールへ押し込んだ。ボランチの位置から大きく飛び出して決めた値千金の一撃。「ボテボテのシュートだったんですけど、1点は1点だったので。絶対にこぼれてくるかなと思って走ったので良かった」と笑顔を見せた。

 ハーフタイムを終えた直後の時間がひとつの勝負だと考えていた。「そこをやられないようにするし、そこを狙っていくことをやった」。また、後半開始から体強く、空中戦でも力を発揮するFW加藤千尋が投入され、前線でボールが収まる変化が生まれることを予想。自身が飛び出していくチャンスがあると考えていたMFは、その狙い通りに「ここぞ」の場面で前線まで駆け上がってゴールを決めた。
 
 現在は8番を背負っているが。現3年生の世代では1年時から10番をつけてきたエース。その技術、パスセンスの高さを期待されてきたMFは相手の急所を突くドリブルや、決定的なラストパスを入れるシーンがあったが、なかなかチームの結果に結びつかなかった。周囲の期待通りの結果を出してきたとは言い難い。それでも技巧派MFらしからぬ泥臭く体を張る部分や、走ることで奮闘。県予選突破に大きく貢献した。今大会の2回戦はフル出場し、3回戦はベンチスタート。後半にギアを上げる役割となったが、チームは0-0からのPK戦の末に勝利と納得の行く活躍をすることはできていなかった。

「チームが勝てばいいんで。自分ができることを出た時にしっかりやろうかなと」と語るが、自分が試合を決めたいという思いを持っていたのは事実。先発復帰したこの日は中盤中央でのハードワークで貢献しながら、1チャンスを狙い続けていた。そして榎本雅大監督代行から求められていた「ゴールに絡む」という部分をこの日は結果に。「久しぶりのゴール」で自信を増したMFが青森山田戦も結果を残して、チームを決勝へ導く。

(写真協力=高校サッカー年鑑)

最終更新:8月1日(月)8時21分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]