ここから本文です

「念のための対応です」 マインツ武藤が膝を痛め練習切り上げる

ゲキサカ 8月1日(月)14時53分配信

 マインツのFW武藤嘉紀がトレーニング中に負傷したようだ。クラブの日本語版公式ツイッターが伝えている。

 昨夏、FC東京からマインツに移籍した武藤は、前半戦で7ゴールを記録するなど新天地ですぐさま大きなインパクトを残した。だが、今年2月6日のブンデスリーガ第20節ハノーファー戦(1-0)で右膝外側側副靭帯を損傷。復帰間近だった3月30日の練習中に再発し、クラブの許可を得て、日本代表のチームドクターの下で治療を受けていた。

 新シーズンに向けて、6月にマインツに合流した武藤は、7月28日に行われたセビージャとの練習試合でも後半から出場するなど、順調に準備を進めていた。しかし、7月31日のトレーニング中に膝を軽く痛め、大事を取って早めに切り上げたとのこと。同ツイッターでは「念のための対応ですので心配いりません」と軽傷であることを強調している。

 マインツは今月27日に敵地でドルトムントと開幕戦を戦う。武藤は約半年ぶりの公式戦出場となるのだろうか。

最終更新:8月1日(月)14時54分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。