ここから本文です

プロポーズ大作戦! ベイルが一世一代の大勝負に5100万円で島貸し切る

ゲキサカ 8月1日(月)17時53分配信

 先日、自身のインスタグラムでプロポーズ成功を明かしたレアル・マドリーのウェールズ代表MFガレス・ベイルだが、一世一代の大勝負のために島を貸し切っていたことが明らかになった。スペイン『アス』が伝えている。

 ウェールズ代表としてEURO2016を戦ったベイルは、恋人のエマ・リース・ジョーンズさんや家族らとバカンスを過ごした。その際、ベイルはスペインのイビサ島近くのタゴマゴ島を貸し切り、自身の27歳の誕生日(7月16日)にプロポーズを決行。答えはもちろん“イエス”で、インスタグラムに「ずっと忘れることのない、誕生日の週末になったよ」と喜びを綴っていた。

 同紙によると、ベイルはタゴマゴ島を1週間貸し切ったようで、その額は45万ユーロ(約5100万円)にもなるという。昨季のチャンピオンズリーグ優勝で60万ユーロ(約6900万円)のボーナスを手にし、そもそも高額な年俸を稼いでいるベイルにとっては大した額ではないのかもしれない。

最終更新:8月1日(月)19時49分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]