ここから本文です

スバル、米国の生産累計台数が26年10ヶ月で300万台達成 ~2016年はインプレッサの生産も~

オートックワン 8/1(月) 12:24配信

富士重工業は、7月28日(米国時間)に、スバルブランド車の米国生産累計台数300万台を達成したことを発表した。1989年9月から米国インディアナ州のスバル・いすゞオートモーティブ インク(現スバル オブ インディアナ オートモーティブ インク、以下SIA)にて「レガシィ」の生産を開始して以来、26年10ヶ月での達成となる

このニュースのフォトギャラリー

現在SIAでは、「レガシィ(1989年~)」「アウトバック(1995年~)」を生産しており、また、過去には「バハ(2002年~2006年)」「トライベッカ(2005年~2014年)」を生産していた。同社の主要市場である北米市場での販売が好調に推移する中、SIAでは継続して能力増強投資を行っており、標準操業における生産能力を、2016年3月末218千台から2016年末には394千台、2018年度には436千台へ引き上げていく。これにより、2016年内には新たに「インプレッサ」の生産を開始、さらには、2018年には多人数SUVの生産を追加する予定。

生産車は、主に米国、カナダで販売しており、2015年暦年でのスバルブランド車の生産台数は、過去最高の228,804台(対前年比+18.5%)となった。

富士重工業は、これからもブランドステートメント“Confidence in Motion”を通じ、スバルならではの魅力ある「確かなクルマづくり」を貫き、世界中のユーザーへ「安心と愉しさ」を提供していく。

【Subaru of Indiana Automotive,Inc.(SIA)の概要】

所在地:5500 State Road 38 East, Lafayette, Indiana 47905 U.S.A.

設立年月日:1987年3月17日

資本金:794百万ドル

代表者:取締役社長 為谷 利明

従業員数:4,673人(2016年3月現在)

生産車種:レガシィ、アウトバック(2016年7月現在)

生産開始年月:1989年9月

最終更新:8/1(月) 12:24

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。