ここから本文です

押切もえ Ane Can卒業 恋人のロッテ・涌井にも報告済み

デイリースポーツ 8月2日(火)3時50分配信

 モデルの押切もえ(36)が、女性ファッション誌「AneCan」(小学館)の専属モデルを年内に卒業することが1日、分かった。姉妹誌「CanCam」でプロデビューを飾ってから、16年目の決断。交際中のプロ野球・ロッテの涌井秀章投手(30)にも報告済みだといい、仕事面に続いて、私生活でも“区切り”を迎えるか注目される。

【写真】“初ドボン”でびしょ濡れ…押切もえ

 自身をトップモデルへと導いてくれた“原点”から巣立つ。21歳で「CanCam」(2001年10月号)専属モデルとなり、蛯原友里(36)とそろってランウェーで脚光を浴びて人気を不動にした。07年4月号からは30歳前後が読者層の「AneCan」へ活躍の場を移したが、今年6月号で同誌を卒業した蛯原を追うように、次のステップに進むことを決めた。

 取材に応じた押切は2誌合わせた在籍16年を、「『Can-』は学校のようで、20代の青春が詰まってます。『Ane-』はチャレンジの場となりました」と総括。「読者の方に支えていただいたので、さみしい気持ちもありますが、視野を広げてこれからも頑張らないと」と惜別の思いを吐露。今後もモデル業に軸を置きながら、文筆業や趣味の絵画などに取り組むという。

 モデル人生における一大決心は、恋人の涌井投手にも報告。「Ane-」の卒業は年内を予定しているが、“独身卒業”について向けられると、「同じタイミングは考えてないですね。大事なシーズン中ですし、私の仕事で迷惑や心配をかけたくないと思っています。いずれは?そうですね」と照れ笑い。

 涌井投手の本拠地登板はできる限りスタジアム観戦するなど、交際は順調。すでに9勝を挙げる好調ぶりとあって、「とても励みになりますね。頑張ってる人、好きなので」と公私両面での節目に向けて、オノロケも飛ばしていた。

最終更新:8月2日(火)9時37分

デイリースポーツ