ここから本文です

FLOWER FLOWER、約1年半ぶりの新作リリース決定

M-ON!Press(エムオンプレス) 8月2日(火)8時7分配信

FLOWER FLOWERが、9月7日に自身初のシングル「宝物」をリリースすることを発表した。

FLOWER FLOWERは、シンガーソングライターとして活動をしていたyui(シンガーソングライターときは大文字で“YUI”)が、自身のリスペクトするミュージシャンに自ら声をかけて結成したバンド。これまでにフルアルバム1枚と、ミニアルバム1枚をリリースしていたが、シングルとして作品をリリースするのは初めてになる。

活動初年こそ、バンドはフェスに出演したり、ツアーをするなど精力的に活動をしていたが、2014年に入るとyuiがパニック障害を患ったことを告白し、表立った活動はない中でのリリースを重ねていた。さらに、2015年にはyuiが入籍~出産をしたことで、一定期間の休養を余儀なくされていたが、2016年に入りミーティングやセッション、レコーディングを行い、リリースを迎えることになったという。そういう経緯もあってか、yuiは「また曲を届けることができると思っていなかった、素直にうれしいです」と語っている。

「宝物」は、FLOWER FLOWERとして活動をしだした初期からライブでは演奏されていた曲で、ファンの間でも最も人気がある1曲。2014年にリリースされたアルバム『実』の収録候補曲としてレコーディングされていたが、「バンドが今の気持ちで録ったものを収録しよう」という思いで、最近になって再度レコーディングを行ったという。

また、カップリングに収録される「炎」は、先にふれた今年に入ってからのセッションで出来上がった“2016年第1号の曲”とのことだ。

初回生産限定盤には、FLOWER FLOWERがオフィシャルに活動を始める前にシークレットライブとして行った、渋谷WWWでのライブから「とうめいなうた」、そして表題曲にもなっている「宝物」のほか、「スタートライン」の3曲の音源が収められる。

リリース情報
2016.09.07 ON SALE
SINGLE「宝物」

FLOWER FLOWER OFFICIAL WEBSITE
http://www.flowerflower-net.jp/

最終更新:8月2日(火)8時7分

M-ON!Press(エムオンプレス)

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。