ここから本文です

ニールセン デジタル広告視聴率に デモグラフィック属性別ビューアビリティ測定の提供を開始

MarkeZine 8月2日(火)8時0分配信

 ニールセンは、同社のデジタル広告測定ソリューション「ニールセン デジタル広告視聴率(Nielsen Digital Ad Ratings)」に、利用企業が採用するビューアビリティ測定ツールを使用して、デモグラフィック属性別のビューアビリティ測定を可能する機能拡張を発表した。

 新機能ではビューアブルインプレッションが視聴者の性別や年齢別に測定可能になるため、利用者はデジタル広告キャンペーン効果のより詳細な分析、最適化や評価ができるようになる。また広告を閲覧できる状態にあった視聴者数やGRPをデモグラフィック属性別に把握し、サイトや掲載面ごとのオンターゲット比率を知ることにより、利用者は実施したデジタル広告キャンペーンの目標達成を検証する上でより深いインサイトを得ることができ、今後のキャンペーンプランニングに役立てることが期待できる。

 デジタル広告業界では近年、デジタル広告キャンペーンの効果測定において広告配信数を意味する「配信インプレッション」よりも、実際に視聴者が広告を閲覧できる状態にあった「ビューアブルインプレッション」を採用する動きが顕著になっている。これに伴い、広告主や広告代理店も配信された広告が狙った視聴者によって視聴可能であったという保証をより強く求める傾向にある。そこで、今回の機能追加がされるに至った。

最終更新:8月2日(火)8時0分

MarkeZine

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]