ここから本文です

<佐田真由美>非モテの過去明かす 「マンガと音楽、服が好きでした」

毎日キレイ 8月2日(火)13時13分配信

 モデルの佐田真由美さんが、このほど発売されたアラフォー向け女性ファッション誌「otona MUSE(オトナミューズ)」(宝島社)9月号の自身の連載「More than Clothes」で「思春期のころから、本当に根暗で、本当に……。ただのオタクだったんです」「まったくモテなかった」と“非モテ”の過去を明かしている。

【写真特集】佐田真由美 アンダーカバーのファッションがお似合い!

 連載は、毎号、佐田さんが自らモデルとスタイリング、ディレクションを務め、自身のファッションへのこだわりを表現。今回は4回目で、ファッションブランド「UNDERCOVER(アンダーカバー)」の2016-2017秋冬コレクションを取り上げた。

 佐田さんは連載で「昔から原宿系ブランドが大好き」といい、当時を「マンガが好きで、音楽が好きで、服が好きでした」と述懐。また同ブランドについて「いわゆるひとつのモテ服というカテゴリーには入っていないかもしれません。でも私は好きでたまりません」と語り、ビッグボリュームのスカートに、手袋とクラッチバッグが一体化したバッグを合わせたインパクトのあるコーディネートなどを披露している。

 同号にはファッションブランド「イエナ」とコラボしたバッグ「上質&お上品なミニボストンバッグ」(縦約12センチ×横約18センチ×マチ約6センチ)が付く。

最終更新:8月2日(火)17時44分

毎日キレイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。