ここから本文です

チャニング・テイタムがリメイク版『スプラッシュ』に主演

ぴあ映画生活 8月2日(火)12時4分配信

チャニング・テイタムが、リメイク版『スプラッシュ』に主演することがわかった。相手役はジリアン・ベル。1984年に公開されたオリジナルは、トム・ハンクス演じる人間の男性が、人魚の女性(ダリル・ハンナ)を恋してしまうという物語だった。だがリメイク版では、テイタムが人魚という設定らしい。

その他の情報

オリジナルはロン・ハワードの監督としての初期作品でもある。この後、ハワードとハンクスは『アポロ13』『ダ・ヴィンチ・コード』『天使と悪魔』で組んだ。この秋北米公開となる『インフェルノ』でも、またもやチームワークの良さを見せてくれそうだ。

テイタムは、最近『ヘイトフル・エイト』『ヘイル、シーザー!』などに出演。現在は『キングスマン』の続編を撮影している。

文:猿渡由紀

最終更新:8月2日(火)12時4分

ぴあ映画生活

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。