ここから本文です

なぜ先生は叱ってくれないの?…〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描いた「人を怒る」

withnews 8月5日(金)7時0分配信

 中学校の教室で授業中に騒ぐクラスメート。なぜ先生は叱ってくれないの……。ツイッターに投稿した漫画「男ってやつは」が〝30秒で泣ける〟と話題になった漫画家・吉谷光平さんが、叱ることについて描きました。

【漫画】「人を怒る」はこちら。〝30秒で泣ける〟と話題になった「男ってやつは」も掲載

漫画の内容は

 中学校の時 サッカー部で部長を任され よく部員を怒っていました

 「やる気ねぇなら帰れよ!!!」「勝ちたくねーのか!?」

 部員からは嫌われていました

 しかし、部員達とは今でも よく飲む最高の友人です

 中、高ともに部活の先生はとても厳しくて よくゲロを吐くまで走らされました

 「限界は自分で決めるな」「好きなことすらできんやつはなんにもできないぞ」

 何回ブン殴りたいと思ったか分かりませんが 今ではとても感謝しています

 最近たまにアシスタントさんを雇うようになりました

 幸いなことに怒るようなことは起きていませんが たまにこんなことを考えてしまいます

 もし怒るようなことがあって 僕はちゃんと怒れるのだろうか?

 怒ったら嫌われちゃうし マイルドに言おうかなぁ…

 でもマイルドになぁなぁにしていけば

 マイルドになぁなぁに 僕は感謝もされず 忘れられていくんだろうな

 先生たちは嫌われる覚悟をもって僕たちに接してくれてたんだ

 体罰とかはいけないけど 嫌われる覚悟をもって人と接したいなと思います

元になった投稿

 7月末、朝日新聞の声欄に寄せられた一通の投稿。東京都内に住む中学生からでした。

 タイトルは「なぜ先生は叱ってくれないの?」。

 クラス内で騒いでいた生徒に対する、教師のしかり方について書かれています。

投稿の全文がこちら

 授業中、クラスメートが騒いでいた。先生がなだめるように言った。「ほら、おしゃべりはやめようね!」

 まるで小学校低学年への対応のようだと私は思った。もちろん騒いでいた生徒が一番悪いのだが、それをしっかり叱らない先生にも問題があるのではないかと思う。

 先生だって人間だから、できれば叱りたくないと思うのはわかる。生徒たちに良い印象を持たれたいという気持ちもあるだろう。体罰の問題が注目されていることも影響しているのかもしれない。

 でも、私はそういう先生が嫌いだ。多少やりすぎと言われても、生徒を第一に考え、本気で怒り、叱ってほしい。

 私の両親の子ども時代は、悪いことをすれば廊下に立たされ、竹定規でたたかれたと聞く。でも両親はそんな先生に感謝しているという。いつの時代から、先生は本気で叱らなくなったのだろう。

 私は体罰をしろと言っているわけではない。ただただ、何が悪いことなのか先生に教えて欲しいのだ。

 先生、私たちを本気で叱って下さい。

漫画作者・吉谷光平

 【よしたに・こうへい】 26歳の漫画家。サラリーマン生活や漫画家アシスタントなどを経て、月刊スピリッツの「サカナマン」でデビュー。現在は月刊ヤングマガジンで「ナナメにナナミちゃん」を連載中。ツイッターで公開した2ページ5コマの漫画「男ってやつは」が〝30秒で泣ける〟と話題に。

最終更新:8月5日(金)7時0分

withnews