ここから本文です

春秋航空日本、Yahoo!決済の回数券 成田-佐賀、平日3万円

Aviation Wire 8月2日(火)13時31分配信

 春秋航空日本(SJO/IJ)は、国内線で利用できる回数券を販売している。成田-佐賀線と広島線で使える回数券で、1組で10回利用できる。有効期間は一部日程を除く、8月29日から10月29日まで。平日券と全日券を用意し、8月12日まで数量限定で販売する。

 同社の就航2周年を記念した回数券で、佐賀線は平日券を3万円で、全日券を4万円で販売する。広島線は平日券が3万8500円で、全日券が4万5000円。両路線共通券も用意し、平日券を4万5000円で、全日券を5万5000円で提供する。販売数は1路線券が100セットずつ、共通券は200セットずつ用意する。

 チケットはYahoo! JAPANが提供するデジタルチケットサービス「Pass Market(パスマーケット)」で販売する。Pass Marketでチケットを決済し、申込書をダウンロード。申込書を春秋航空日本のコールセンターにメールして予約する。予約は出発7日前まで受け付ける。

 回数券は1組10枚の記名式で、名義変更はできない。利用できるのは12歳以上の旅客で、9月17日から19日と、10月8日から10日の連休中は利用できない。平日券は土日祝以外に有効とする。

 春秋航空日本は2014年8月1日に運航を開始した。当初は成田-佐賀と広島、高松の国内3路線を運航していたが、高松は2015年10月に撤退。現在は2路線を運航している。2016年8月からは、成田-札幌線を1日1往復で開設する。

 2016年2月には初となる国際線の運航を開始。成田-武漢線を週3往復、重慶線を週4往復運航している。

 海外LCCでは2015年2月、エアアジア(AXM/AK)がASEAN(東南アジア諸国連合)諸国10カ国で有効の回数券を販売。国内LCCでは同年3月から、バニラエア(VNL/JW)が回数券タイプの航空券を断続的に販売している。

Yusuke KOHASE

最終更新:8月2日(火)13時31分

Aviation Wire