ここから本文です

生田斗真主演『秘密 THE TOP SECRET』がファンタジア国際映画祭で上映

ぴあ映画生活 8月2日(火)12時21分配信

生田斗真が主演を務める大友啓史監督の新作『秘密 THE TOP SECRET』がカナダのモントリオールで開催中の第20回ファンタジア国際映画祭で上映され、大友監督が登壇した。

『秘密 THE TOP SECRET』/その他の画像

本作は、死んだ人間の脳から“過去の記憶”を映像化できるMRIスキャナーを使って事件を解明する特殊脳内捜査チーム、通称=第九のメンバーが、迷宮入りした猟奇事件に隠された真実と真犯人に迫っていく様を描くミステリー・エンタテインメント。清水玲子の人気コミックを基にしている。

公式上映の会場は満席で、世界各国から集まった観客が本作に大きな拍手をおくった。上映後にQ&Aにこたえた大友監督は、コミックの映画化について質問されると「コミックは二次元で、映像は立体。映画は生身の人間が演じているので、汗もかくし、走れば息も乱れる。最初はコミックのイメージが元になりますが、コミックのオリジナルイメージからどのようにして卒業できるかがポイントだと思います」と回答。「コミックのイメージを真似しているだけでは、絶対にコミックに勝てません。いい俳優は、内面的なアプローチから人物に似せていくんですよね。それと同じで、監督僕自身もコミックの持っているスピリッツを表面的に見せるのではなく、何が大切か考えて、そのために準備をするようにしています」と語った。

上映後の観客の評価も高く、映画祭でアジア映画プログラマーを務めるニコラス・アルシャンボール氏は「観客のリアクションがとても情熱的で心から拍手を送っていました。みなさんとても楽しんだと思います。何人か私のところに来て、今回のフェスティバルでベスト1の作品だと言ってくれました」とコメント。本作は日本だけでなく、すでに4か国での配給が決定しており、海外の映画祭や上映に関する問い合わせが続いているという。

『秘密 THE TOP SECRET』
8月6日(土)全国ロードショー

最終更新:8月2日(火)12時21分

ぴあ映画生活

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。