ここから本文です

ルフトハンザのA320neo、3機目受領 年内5機体制へ

Aviation Wire 8月2日(火)17時1分配信

 ルフトハンザ ドイツ航空(DLH/LH)は現地時間8月1日、同社3機目となるエアバスA320neo(登録番号D-AIND)を受領したと発表した。エンジンは米プラット・アンド・ホイットニー(P&W)製PW1100G-JMを搭載する。

 フランクフルトを発着する短距離路線に投入する。ルフトハンザはA320neoのローンチカスタマーで、2016年1月20日に初号機(登録番号D-AINA)を受領。初の定期運航便として、同月24日午前10時フランクフルト発のハンブルク行きLH10便に投入した。今後、2016年末までに計5機を受領する見込み。

 A320neoは、LCCなどに人気の小型機A320の派生型で、燃費を向上した新型エンジンを搭載。PW1100G-JMか、CFMインターナショナル製LEAP-1Aが選択できる。A320neoファミリーとしては、メーカー標準座席数が1クラス180席のA320neoのほか、156席のA319neoと236席のA321neoの3機種で構成される。

 ルフトハンザはグループでA320neoファミリーを計116機発注済み。内訳はルフトハンザが計101機(A320neo 61機、A321neo 40機)で、スイス インターナショナルエアラインズ(SWR/LX)が計15機(A320neo 10機、A321neo 5機)。

 6月末現在、エアバスはA320neoファミリーを計4583機受注している。内訳はA319neoが58機、A320neoが3396機、A321neoが1129機。このうち、8機のA320neoを計3社に引き渡している。

Yusuke KOHASE

最終更新:8月2日(火)17時1分

Aviation Wire

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]