ここから本文です

シューマッハJrの次なるステージは

TopNews 8月2日(火)7時45分配信

昨年、17歳にして鳴り物入りでF1デビューを果たしたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)に続く存在として注目されるミック・シューマッハ。7度のF1世界王者ミハエルの息子で現在17歳の彼は、将来のF1入りを嘱望される存在だが、そんな期待に冷水をかける人物が一人。ミックのマネージャー、サビーネ・ケームだ。

●2戦連続優勝のシューマッハJr. 来季はF3へ

先週末のF1第12戦ドイツGPでもミックは、うわさの的だった。無理もない、彼はメルセデスAMGやフェラーリのピットを訪れたのだから。

ミハエルにとってF1現役最後のチームがメルセデスAMG。チーム代表で共同オーナーのトト・ヴォルフはドイツGPの週末、次のように語っていた。「彼(ミック)は、実に印象深い若者だ」

「人懐こく謙虚で、立ちふるまいに優れている。ティーンエイジャーの見本的存在だ」とドイツ『Sky(スカイ)』にコメントするヴォルフ。

ヴォルフはドライバーとしてのミックの速さも認めていて、将来のF1有望株だと話す。

その一方でケームは、ドイツ『Kolner Express(ケルナー・エクスプレス)』紙に、次のように言う。「もっかミックは、ドイツとイタリアでF4を戦っています」

「普通に考えれば次のステップは、F3です。そのうちまた、テストを行う予定です」と話すケームだった。

最終更新:8月2日(火)9時45分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]