ここから本文です

幸せ訪れる? 吉祥の花「双頭蓮」咲く 上越・高田公園

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ 8月2日(火)13時43分配信

 「上越蓮(はす)まつり」が開かれている上越市の高田公園で、1本の茎に二つの花を付ける「双頭蓮(そうとうれん)」が咲いている。高田公園野球場脇の南堀の遊歩道から見ることができ、訪れた人々は「珍しい」と驚いている。

 市民グループ「高田公園で双頭蓮を探す会」によると、双頭蓮は2万~3万本に1本の割合で出現し、中国では吉祥の花とされている。高田公園では昨年までに6本確認された。県立植物園(新潟市秋葉区)によると、双頭蓮は突然変異だという。

 「双頭蓮は2日まで楽しめそうなので、幸せを呼ぶ花を探してみて」と探す会の佐藤真司さん(78)。上越市の主婦(69)は「市外に住むいとこに写真を送りたい」と話し、熱心にシャッターを切っていた。

 探す会は15日まで、過去に高田公園で撮影された双頭蓮の写真を上越市立総合博物館で展示する。蓮まつりは16日まで。

最終更新:8月2日(火)13時43分

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ