ここから本文です

アニマル浜口&京子親子、LEGOブロック9万個を使った巨大R2-D2と対面

ぴあ映画生活 8月2日(火)13時59分配信

ルーカス・フィルムとLEGOが共同製作する『LEGO スター・ウォーズ/ドロイド・テイルズ』『LEGO スター・ウォーズ/ニュー・ヨーダ・クロニクル』のDVD発売を記念し8月2日、都内でPRイベントが行われ、子どもたちが全高約2メートル40センチ、約9万個のLEGOブロックを使用した巨大R2-D2を製作。“親子で楽しむスター・ウォーズ”にちなみ、アニマル浜口、京子親子が応援に駆けつけた。

その他の写真

アニマルは「気合いを入れて応援したら、みんなスピードアップしていたね。忍耐強く、よく頑張った」と目を細め、身長よりはるかに高いR2-D2と対面した京子は「すごい。みんなよく頑張ったね」と子どもたちをねぎらった。

親子そろって「スター・ウォーズ」の大ファンだといい、シリーズ最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』も家族で鑑賞し「好きなキャラクターは、主人公のレイ。困難にぶち当たっても、あきらめずに戦う姿に勇気をもらいました」(京子)、「レイちゃんは京子に似ているね。いろんな困難を乗り越えてきたから。僕はハン・ソロのファン。渋くてカッコいいし、大冒険も最高ですね」(アニマル)と魅力を語った。

また、LEGOブロック版について、京子は「動きが可愛らしいし、セリフもクスッと笑えるものが多い。子どもの頃からLEGOでよく遊んでいましたし、引き込まれました」とアピール。アニマルは得意の“気合いだ”10連発に代わり、“フォースだ”10連発で気合いを注入し、イベントを盛り上げていた。

C-3POとR2-D2が活躍する『LEGO スター・ウォーズ/ドロイド・テイルズ』は、アンソニー・ダニエルズ本人が声を演じるC-3POの案内で、過去の「スター・ウォーズ」シリーズをおさらいする冒険ストーリー。『LEGO スター・ウォーズ/ニュー・ヨーダ・クロニクル』はヨーダを語り部に、ルークとダース・ベイダーの対決などをコミカルに描いている。

『LEGO スター・ウォーズ/ドロイド・テイルズ』
8月10日(水) 発売
同日デジタル配信開始

『LEGO スター・ウォーズ/ニュー・ヨーダ・クロニクル』
8月10日(水) 発売
同日デジタル配信開始

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
MovieNEX発売中
デジタル配信中

取材・文・写真:内田 涼

最終更新:8月2日(火)13時59分

ぴあ映画生活