ここから本文です

テリー伊藤氏「高知被告の更生が高島礼子さんへの恩返し」

東スポWeb 8月2日(火)8時53分配信

 女優・高島礼子(52)と覚醒剤取締法違反などで逮捕、起訴された元俳優で会社経営の高知東生(本名・大崎丈二=51)被告の離婚について2日、タレントのテリー伊藤氏(65)が「高知被告の更生が恩返しになる」と語った。

 この日のTBS系「白熱ライブ ビビット」で、MCの真矢ミキ(52)は1日に離婚届を提出した高島について「逮捕から1か月で離婚というのは、早い決断かもしれないけど、彼女(高島)にとってはドラマもやって、誰よりも重い1か月だったと思うし、いろいろなことを考えたと思う」と決断を思いやった。

 また、コメンテーターのテリー伊藤氏は「高知被告の『早く会いたい』という言葉は、別れる前に最後に会いたいという意味だったのかもしれない」との見解を示した。そして「家族、愛する奥さんがいない状況になり、一人で社会に出て、世間に白い目に見られながら闘っていかなければならない。相当な覚悟と決意もいる。そこで更生していくことが離婚した高島さんへの最後の恩返しになる」と語った。

最終更新:8月2日(火)8時58分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。