ここから本文です

この夏も海外へ 7月の旅行客が前年比3~4割増=韓国

聯合ニュース 8月2日(火)9時1分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国では不況が長引いており、国内旅行が奨励されているものの、今夏も海外旅行に出掛ける人が多いことが分かった。旅行大手2社の7月の海外旅行者は昨年を大きく上回っている。

 ハナツアーは2日までに、7月の海外旅行客を約28万9000人と集計した。昨年7月に比べ43.3%増加した。同社は「(夏休みを取る人が集中する)7月末~8月初めを避けて早めに夏休みを取る傾向と、昨年の中東呼吸器症候群(MERS)流行などによる反動とみられる」と説明した。

 地域別には中国に出掛ける旅行客の増加率が92.3%で最も大きい。地方発のチャーター機の運航が増え、ツアーと個人旅行がそろって増加した。日本向けが48.3%増加したほか、東南アジア(40.2%増)や南太平洋(33.8%増)に向かう人も大きく増えた。一方で、テロが相次ぐ欧州への旅行客は15.0%減少した。

 モドゥツアーの先月の海外旅行客は前年同月比33%増の15万2000人と、単月で最多を記録した。米州向け(72.3%増)をはじめ、中国(46.4%増)や日本(43.6%増)、南太平洋(33.9%増)向けの伸びが大きい。

 仁川空港は旅行客でごった返している。仁川国際空港公社によると、先月31日に利用客が初めて20万人を突破した。今夏のピーク1か月間の利用客は542万人に上ると予想されるという。

最終更新:8月2日(火)9時4分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。