ここから本文です

アロンソ、相次ぐルール変更に「さじを投げた」

TopNews 8月2日(火)11時50分配信

ルールの変更が相次ぐ状況に、フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)は「さじを投げた」と話している。

●「トラックリミット」をめぐってF1チームとFIAが対立

F1ドイツGP(31日決勝)を前に、ドライバーへの情報提供を制限する無線のルールが撤廃された。また、コース外の走行を禁じる「トラックリミット」に関しても、FIAの指示は二転三転している。

こうしたルールをめぐる議論に参加するかと聞かれると、アロンソが次のように答えたとスペインのメディアが伝えている。

「いや、僕はもうとっくにさじを投げたよ」

「レースごとに変わるんだからね。今じゃ、“どうすればいいか言ってくれ”とだけ言って、その通りにする、それだけだ」

■「トラックリミット」はドイツGPでも二転三転

特に「トラックリミット」のルールをどこまで厳密に適用するかは、チームとFIAの間で意見が対立している。

ドイツGPでは1コーナーが問題となった。FIAは、金曜日の1回目のフリー走行はまったく適用せず、2回目のフリー走行では3回はみ出したら審議すると通達を出した。しかし土曜日になると、二重になった外側の縁石まで許容すると変更した。

アロンソはこう話す。

「今日はこうでも、明日はまた変わりかねない。だから僕は、どうすべきかを毎回チームに聞くようにするよ」

「毎レース、何か変わるんだ。今回は、(無線規制を)1年前のルールに戻した。すごく見応えのあるものにしようと導入したけれど、何も変わらなかったか、いっそう悪くなったからだ」

「予選の時間になったら、どうすべきかを聞くよ。そうすれば時間の無駄にならないからね」

最終更新:8月2日(火)11時50分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]