ここから本文です

シャソール、音楽と映像をシンクロさせる衝撃の来日公演をBillboard Liveで開催

CDジャーナル 8月2日(火)17時9分配信

 昨年の初来日公演で日本の音楽ファンに衝撃を与えたフランス人ミュージシャン、シャソール(Chassol)が、8月29日(月)東京・赤坂 Billboard Live TOKYO、9月1日(水)大阪・梅田 Billboard Live OSAKAにて3度目の来日公演を行ないます。

 両日ともに、1stステージはインド人の生活をテーマにした2013年のアルバム『Indiamore』、2ndステージは自らのルーツであるカリブ海のアンティル諸島をテーマにした『Big Sun』を中心にした公演。

 シャソールは、鳥の鳴き声や人々の生活音、あるいは会話などの映像素材をループさせ、そこにピアノでコードやメロディを乗せるという独自のスタイルで自身の音楽を創造。“ハーモナイジング・リアリティ”というコンセプトに基づき、オバマ大統領のスピーチや、インドの人々の生活記録などを美しくポップなコンテポラリー・ミュージックに作り変えてきました。公演ではさまざまな映像とシンクロした音楽を聴かせてくれます。

最終更新:8月2日(火)17時9分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。