ここから本文です

フェラーリのライコネン「フェルスタッペンを自分の後任に推薦したりはしない」

TopNews 8月2日(火)12時3分配信

今季の第11戦ハンガリーGPでは、キミ・ライコネン(フェラーリ)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が壮絶な攻防を展開したが、このときのフェルスタッペンの防御はルールすれすれのものだった言われている。

●ライコネン「F1には意味のないルールが多すぎる」

現役最年少ドライバーのフェルスタッペンと接触しフロントウイングにダメージを負った現役最年長ドライバーのライコネンだが、結局フェルスタッペンを追い抜くことができず、6位でそのレースをフィニッシュしていた。

■フェルスタッペンがいいドライバーなのは確か

母国フィンランドの『Turun Sanomat(トゥルン・サノマット)』紙から18歳のフェルスタッペンをどう思うかと質問された36歳のライコネンは、次のように答えた。

「彼は優れている。それは誰も否定できないさ。だけど、彼の未来がどうなるかってことは誰にも分からないけれどね」

「彼が成功するのは間違いないだろうし、多分F1チャンピオンにもなれるんじゃないかな。でもどうなるかなんて決して分からないよ」

■フェルスタッペンを自分の後任に推薦するつもりはない

さらに、フェラーリに対して自分の後任ドライバーとしてフェルスタッペンを推薦したいかと尋ねられたライコネンは、次のように答えた。

「何かを決めたり、誰かを推薦したりすることは僕の仕事じゃない」

「僕は運転するためにここにいるんだ。それ以外のことをするつもりはないよ」

最終更新:8月2日(火)12時3分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]