ここから本文です

ディズニー、『ロケッティア』リブート作品製作中

cinemacafe.net 8月2日(火)13時30分配信

ディズニーが1991年作『ロケッティア』のリブート作品の製作に取り掛かっているようだ。

【写真】オリジナル作の主人公・ビリー・キャンベル/フォトギャラリー

「The Hollywood Reporter」によれば、本作は1980年代のコミックブックを映画化したオリジナル作『ロケッティア』の続編的なリブート作になるとみられており、またオリジナル作ではヒロイン役をジェニファー・コネリーが務めていたのに対し、リブート版では黒人女性が起用される予定だと伝えている。 

オリジナル作では、飛行装置ロケットパックを発見してスーパーヒーローのロケッティアになるスタントパイロットの主人公クリフ・シーコードをビリー・キャンベルが演じ、その恋人で女優のジェニー・ブレイク役をジェニファーが演じていた。

しかし、リブート版のヒロインはロケット関連の悪の科学者たちがジェットパック技術を盗むのを阻止しようとする黒人女性のパイロットという設定になるとみられ、まだ誰がその役を担うかわかっていない。

「ハッピーデイズ」のヘンリー・ウィンクラーの息子、マックス・ウィンクラーとマット・スパイサーが脚本を担当し、ブリガム・テイラー、ロサンゼルス・クリッパーズのNBA選手ブレイク・グリフィン、カロライナ・パンサーズのアメフト選手ライアン・カリルがプロデューサーとして名を連ねている。

(C) BANG Media International

最終更新:8月2日(火)13時30分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。