ここから本文です

生田斗真主演『秘密』ワールドプレミア実施!観客の反応に大友啓史監督も笑み

cinemacafe.net 8月2日(火)14時30分配信

生田斗真主演で贈る『秘密 THE TOP SECRET』が、カナダのモントリオールにて開催中の「第20回ファンタジア国際映画祭」にて、7月31日(現地時間)公式上映が行われ、大友啓史監督が参加した。

【画像】拍手喝采のワールドプレミア

1999年より「メロディ」(白泉社)で連載された清水玲子によるミステリーコミックを原作とした本作。実写映画化を手がけるのは、『るろうに剣心』シリーズの大友監督。キャストには、生田さんをはじめ、岡田将生、松坂桃李、栗山千明、吉川晃司ら豪華キャストが集結している。

今回本作が出品された「ファンタジア国際映画祭」は、毎年7月に3週間にわたり開催され、世界各地から集まる作品は、SF映画、ファンタジー映画、ホラー映画、アドベンチャー映画など、ジャンル映画祭としては北米で最も重要な映画祭。第18回開催では、『るろうに剣心 京都大火編』が観客賞銅賞を受賞しており、大友監督作品の上映は今回で2作目となった。また、本作は海外からも問い合わせが殺到しており、韓国、台湾、中国、フィリピンの4か国ですでに配給が決定している。

この日会場となったのは、カナダのモントリオール、SGWU Alumni Auditorium。場内は711名の観客で満席となり、また開場前には上映を待つ観客の長蛇の列ができ、登場した大友監督がサイン攻めにあう場面も。そして本作の上映では、エンドロールに入る直前から、すでに拍手喝采と大歓声が巻き起こり、エンドロール終了後もしばらく拍手は鳴りやまず、会場は大興奮となっていた。そんな中、大友監督が登壇し行われたQ&Aでは、「アニメやコミックを映画化するとき、何を大切にしますか?」とい問いに、「基本的に人物のキャラクターがとても大事だと思っています。ただ、コミックは二次元で、映像は立体。映画は生身の人間が演じているので、汗もかくし、走れば息も乱れる。最初はコミックのイメージが元になりますが、コミックのオリジナルイメージからどのようにして卒業できるかがポイントだと思います」と回答。

また、「映画を観て、いろんなジャンルの要素が入っていると感じました。異なる要素を入れる意図はありますか?」という質問が飛ぶと、大友監督は「あまり決めつけずに色んなジャンルのおもしろさを詰め込めれば楽しいのでは、と考えています。本作で言えば、ミステリーサスペンスでもあり、スリラーでもある。そして人間の魂の奥底まで深く潜り込んでいくドラマでもある。そういう意味ではジャンルを横断して映画を作りたいと思っています」とコメント。

さらに映画の師と仰ぐジョン・ウー監督との会話をふり返り「監督は、映画作りにおいて人物のエモーションをとても大事にして作っているそうです。アクションをやっていても、ただのアクションでは人は感動しない。アクションの中にエモーションがないと、見る人は心を揺さぶられない。全てのジャンルにおいて、そこで動いている登場人物にエモーションをどうやって宿らせるかが一番大切だと。これは僕自身もとても大事にしていることですね」と明かしていた。

上映後観客からは「とてもビジュアルインパクトのある作品で、素晴らしかった」「映像美が凄く、物語にかなり引き込まれた。とても魅力的な作品でした」「いままで観た中で一番の作品!」と高評価! そして本映画祭のアジア映画プログラマーは「皆さんとても楽しんだと思います。何人か私のところに来て、今回のフェスティバルでベスト1の作品だと言ってくれました。今日は本当に大成功でした。凄く嬉しいし(今回上映できたことを)誇りに思っています」と語った。

『秘密 THE TOP SECRET』は8月6日(土)より全国にて公開。

最終更新:8月2日(火)14時30分

cinemacafe.net