ここから本文です

「キャプテン・アメリカ」クリス・エバンス、新作でジキル博士の子孫に

映画.com 8月2日(火)12時0分配信

  [映画.com ニュース] 「キャプテン・アメリカ」のクリス・エバンスが、米ライオンズゲートが製作する新作映画「ジキル(原題)」に主演することになりそうだと米Deadlineが報じている。

クリス・エバンス、新恋人の「ズートピア」声優とツーショット披露

 「ジキル(原題)」は、ロバート・ルイス・スティーブンソンの怪奇小説「ジキル博士とハイド氏」の続編ともいうべき内容。現代に生きるジキル博士の子孫であり、人格が分裂してしまうトム・ジャックマンが主人公で、同役がエバンスにオファーされている。

 「ジキル(原題)」は、2007年に英BBC Oneで放送された同名ミニシリーズのリメイクになる。BBC版は、「ドクター・フー」「SHERLOCK シャーロック」のスティーブン・モファットが脚本を手がけ、ジェームズ・ネスビットが主演した。

 映画版は、シェーン・ブラック監督作「The Nice Guys」の脚本家チーム、アンソニー・バガロッツィとチャールズ・モンドリーが、モファットの脚本を下敷きに脚色にあたる。監督は未定。

最終更新:8月2日(火)12時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。