ここから本文です

【NFL】トレーニングキャンプ序盤の負け組 -Vol.2-

NFL JAPAN 8月2日(火)15時51分配信

 NFL.comのグレッグ・ローゼンタール氏が、トレーニングキャンプ序盤の勝ち組と負け組をピックアップしている。

バッファロー・ビルズのパスラッシュ
 ダグ・ホエーリーGMは1巡指名のDEシャック・ローソンに全幅の信頼を寄せていたが、彼の手術で計画は次善のものに切り替わった。つまり先発DE候補はイケメファナ・エネムパリだ。パニックに陥るには早すぎるが、ビルズはDTカイル・ウィリアムスがアキレス腱断裂からの回復が遅れ、エースWRサミー・ワトキンスもいまだ万全ならずと我慢のオフシーズンを強いられている。

WRジャスティン・ハンター、WRドリアル・グリーンベッカム(ともにテネシー・タイタンズ)
 ベテランWRアンドレ・ジョンソンがタイタンズと契約したことで、3人のWR全員が負け組となりそう。実績十分なジョンソンはミニマム契約なことも相まって、チームの不調に伴う解雇まで多くの時間を得るだろう。また彼の獲得はタイタンズが現有戦力を完全には信用していないことを意味するし、若手WRのキャンプでの練習機会減少を招く。特にハンターは割を食いそうだ。混沌とするタイタンズのWR争いは、5巡指名の新人WRタジャエ・シャープさえ先発候補となっている。

サンディエゴ・チャージャースに悪夢再び
 昨季もチャージャース以上に故障に悩まされたチームはなかったが、今年のトレーニングキャンプでも早速重症者が発生。WRスティーブ・ジョンソンの半月板損傷はオフェンスにとって相当の痛手だ。チャージャースのスキルポジションは戦力豊富で、QBフィリップ・リバースにはWRキーナン・アレンやWRトラビス・ベンジャミンらがまだ残されているが、信頼できる選択肢がひとつ失われてしまった。

アリゾナ・カーディナルスのCB陣
 カーディナルスのCB陣の薄さはほかのポジションに比べて際立つ。足の故障から復帰見込みだった先発候補のジャスティン・べセルは不安再発。新加入のマイク・ジェンキンスは手を骨折し、主力のタイラン・マシューも戦列復帰に数週間はかかる。3巡指名の新人ブランドン・ウィリアムスが現時点では先発候補のありさまだ。

<NFL>

最終更新:8月2日(火)15時51分

NFL JAPAN