ここから本文です

北朝鮮、唯一の外資系法律事務所が業務中断宣言

WoW!Korea 8月2日(火)9時58分配信

北朝鮮の唯一の外資系法律事務所である「朝鮮国際貿易法律事務所」が業務中断を宣言した。

 2日、自由アジア放送(RFA)は「北朝鮮初であり唯一の法律会社である『朝鮮国際貿易法律事務所』が1日、平壌事務室の業務を中断する」と報じた。

 この会社代表であるマイケル・ヘイ国際弁護士は法律事務所インターネットホームページに公開した説明文を通じ「朝鮮半島を取り巻く国際関係が悪化し続けていることにより、業務中断を決定せざるを得なかった」と伝えた。

 マイケル・ヘイ代表は1日を最後に北朝鮮内部での業務を中断しながらも、北朝鮮に投資しようとする海外の投資家・企業家などに対する相談は北朝鮮外部に位置する事務所でおこなうと説明した。

 RFAはこのような現象について「国連をはじめ国際社会の北朝鮮制裁の影響で北朝鮮に進出した外国の会社が大挙投資を減らしたり中断している」とし「これにより朝鮮国際貿易法律事務所が北朝鮮で正常な業務をしにくかったという分析が主だ。

 特に今回の法律事務所の営業中断決定は米国・財務省の新たな北朝鮮金融制裁措置が発行される時点と重なり、さらに注目を集めた。

 米国務省が去る6月1日、北朝鮮を資金洗浄(マネーロンダリング)懸念国」に指定したことにより、北朝鮮と金融取引をする米金融機関と個人を処罰するという内容の行政措置は2日から本格的に発行される。

最終更新:8月2日(火)9時58分

WoW!Korea