ここから本文です

ダンカン・ジョーンズ監督に息子誕生 父デビッド・ボウイにちなみ命名

映画.com 8月2日(火)12時0分配信

 [映画.com ニュース] 故デビッド・ボウイさんの息子で、新作「ウォークラフト」が日本公開中のダンカン・ジョーンズ監督(45歳)と、妻ローニー・ロンクゥイロさん(36歳)の間に、第1子となる男児が誕生した。

 ジョーンズ監督は息子について、ボウイさんの命日からちょうど半年後となる7月10日に生まれ、ボウイさんの名にちなみステントン・デビッド・ジョーンズと名付けたことを、ツイッターで発表した。

 ボウイさんは18カ月にわたるガン闘病の末、今年1月10日に死去。その1カ月後に、ジョーンズ監督はロンクゥイロさんが第1子を妊娠していることを明らかにした。ボウイさんには昨年、手製のクリスマスカードで孫が誕生することを伝えていたという。

 ジョーンズ監督は、長年交際していたフォトグラファーのロンクゥイロさんの乳ガンが発覚した2012年11月7日、2人で病院を出るとすぐさま入籍届けを提出した。ロンクゥイロさんは2日後に手術を受け、無事成功。その後ジョーンズ監督は、化学療法のため頭を剃ったロンクゥイロさんに合わせて自身も丸刈りになるなど、妻をサポートしていた。

最終更新:8月2日(火)12時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。