ここから本文です

哀川翔、早起きDVD観賞のススメ「内容がよく入ってきて集中できる」

映画.com 8月2日(火)13時19分配信

 [映画.com ニュース]俳優の哀川翔が8月2日、米ドラマ「サンズ・オブ・アナーキー」の都内で行われたDVD発売イベントにゲスト出演した。バイクの整備工場を隠れみのに悪を討つピカレスクヒーローの物語に合わせ、ハーレーダビッドソンの専門店での開催。ライダースーツ風の衣装で登場した哀川は、「いい感じで、けっこうはまっている。これからの展開が楽しみだね」と笑顔で話した。

【フォトギャラリー】イベントの模様はこちら

 同作は「24 TWENTY FOUR」「プリズン・ブレイク」などの人気シリーズを抜き、20世紀FOX制作のドラマとしては歴代最高のDVD売り上げを記録。「悪いヤツなんだけれど、仲間内のきずなが深くて、登場人物1人1人のバックボーンも描かれているから、人間ドラマとしても受けているんじゃないかな」と分析した。

 20年ほど前からハーレーが好きで、現在も大型バイクを駆っているだけに「乗り方がうまい。乗っていないとバレちゃうから味が出ているよ。バイク好きにもたまらないね」と力説。現在は午前4時の起床後に見るのが日課となっているそうで、「し~んとしているから内容がよく入ってきて集中できる。DVDを見るのは朝に限る」と独自の観賞法も指南した。

 趣味が高じて今やブリーダーとして知られるカブトムシについては、今年の飼育に関しては既に終了し、来年に向けた“仕込み”を始めているという。だが、このほど出版された「はじめてのカブトムシ飼育BOOK」(ブックマン社)の監修を務め、「間違った情報が多いんだよ。スイカなんかあげたら、おなか壊して死んじゃうからね。これをみれば年間の計画表も作れる」と、ちゃっかりPRしていた。

 「サンズ・オブ・アナーキー」は、表向きはバイクの整備工場を営んでいるが、裏では武器売買で資金を得ているギャングのバイククラブ「サンズ・オブ・アナーキー」の面々が、街の秩序を保つために秘密裏に無法者たちを成敗していくバイクアクション。8月3日にシーズン1&2が発売され、9月以降は1カ月1回のペースでファイナルとなるシーズン7までリリースされる。

最終更新:8月2日(火)13時19分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。