ここから本文です

ザネのマンC移籍、約50億円で決着へ すでに選手はマンチェスター入り

ISM 8月2日(火)9時20分配信

 シャルケ(ドイツ)のドイツ代表MFリロイ・ザネ(20)のマンチェスターC(イングランド)移籍が決定間近に迫っている。移籍金は3700万ポンド(約49億9000万円)にインセンティブを加える形。英『BBC』が現地時間1日(以下現地時間)に伝えている。

 シャルケは1日、ザネがすでにマンチェスター入りしており、プレシーズンの練習に参加していないことを発表した。ドイツメディアによれば、同選手はクリスティアン・ハイデルSDに退団希望を伝えていた。マンCのペップ・グアルディオラ監督も、7月21日に同選手の獲得を望んでいると明かしており、かねてから移籍が噂されている。

 ザネはシャルケのユース出身で、2014年4月にトップチームデビュー。昨季はブンデスリーガ33試合に出場し、8ゴールを記録した。ドイツ代表では昨年11月にデビューを果たし、今夏のEURO2016でベスト4進出に貢献している。

最終更新:8月2日(火)9時20分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。