ここから本文です

ヴォルフスブルク、ドルトムントからMFブワシュチコフスキを推定6億円で獲得

ISM 8月2日(火)12時1分配信

 ヴォルフスブルクは現地時間1日、ドルトムント(以上ドイツ)からポーランド代表MFヤクブ・ブワシュチコフスキ(30)を3年契約で獲得したことを発表した。

 両クラブは移籍金を公表していないが、独『キッカー』誌は約500万ユーロ(約5億7000万円)と報じている。

 ヴォルフスブルクのスポーツディレクターのクラウス・アロフス氏は「ブワシュチコフスキはどのチームでもうまくやれる選手だ。サッカーの能力だけでなく、情熱や献身性の模範でもあるからね。彼はチームのために常に100%を尽くすからだ」と喜びを表した。

 ブワシュチコフスキはドルトムントでブンデスリーガ197試合に出場し、2011年と12年のリーグ連覇に貢献。フィオレンティーナ(イタリア)に期限付き移籍した昨季はケガにも苦しんだが、EURO2016ではポーランド代表として活躍した。(STATS-AP)

最終更新:8月2日(火)12時2分

ISM

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。