ここから本文です

八角理事長悲痛「本当に亡くなったのかな」と声詰まらせる

デイリースポーツ 8月2日(火)5時59分配信

 7月31日に膵臓(すいぞう)がんで死去した元横綱千代の富士の九重親方(本名・秋元貢、享年61)の弟弟子に当たる日本相撲協会の八角理事長(53)=元横綱北勝海=が1日、東京・両国国技館で記者会見し「今でも(本当に)亡くなったのかなと思う」と声を詰まらせた。

 八角理事長はこみ上げる涙を必死にこらえた。「本当に(体調が)悪いと聞いてはいましたが、絶対に強いというか、治るんだろうなという目でみていた。(亡くなったというのは)本当なのかなという気持ちです」。知人からの連絡で急逝を知った前日はコメントしなかった。「何をどう(言っていいか)…。整理できなかった」と話し、ショックの大きさをうかがわせた。

 故人との一番の思い出には幕下の頃に胸を出してもらったことを挙げた。「絶対に力を抜いてくれなかったし、毎日出してくれた。こっちも絶対いやと言わなかった。お互い意地と意地。ありがたかったですね」としみじみと振り返った。

 最後に会ったのは今春の高砂一門会の場だった。「焼き肉を食べたのが最後かな。何年かたったら、一杯飲んで昔話をしたかった」。早すぎる死に「私にとっては兄弟子というより、もう一人の親方のような存在だった。(61歳は)若いですね」と声を詰まらせた。会見後は九重部屋に出向き、故人に手を合わせた。

 今後については弟子で部屋付きの佐ノ山親方(元大関千代大海)が九重部屋を継承する方向で固まっており、2日以降に年寄名跡変更手続きを進める。6日の通夜、7日の告別式(午後0時半開始に変更)は遺族や関係者だけで執り行い、お別れの会は後日開くことも検討されている。

最終更新:8月2日(火)7時14分

デイリースポーツ