ここから本文です

【ボクシング】40歳の地下足袋ボクサー・佐々木が復帰2連勝

イーファイト 8月2日(火)23時28分配信

「熊本地震チャリティ 2016京太郎祭り」
2016年8月2日(火)東京・新宿FACE

【フォト】地下足袋を履いた佐々木

▼スーパーライト級 3分8R
○佐々木基樹(帝拳ジム/元OPBF東洋太平洋スーパーライト級&ウェルター級王者)
判定3-0 ※78-75、78-75、78-74
●岡崎祐也(中内ジム/日本スーパーライト級8位)

 佐々木は元日本スーパーライト級王者で、OPBF東洋太平洋王座は2階級を制覇。2度の世界タイトル挑戦経験もあり、2013年に一度引退するが、今年2月に40歳にして現役復帰、勝利した。今回は日本ランカーの岡崎と対戦する。

 1、2Rはサウスポーの岡崎が左ストレートを顔面とボディに打ち分ける。佐々木はじりじりと間合いを詰めていくが岡崎に先手を取られる。

 3Rは打ち合いに持ち込む佐々木が右フックをヒットさせる。すぐに左ストレートを打ち返す岡崎。中盤にも佐々木が右フックをヒットさせ、一気に攻める。

 4R、佐々木のパンチが連続して岡崎の顔面を捉える。5Rも佐々木のワンツー、右フック、左ボディブローがヒット。岡崎の左をかわして入り込んでのパンチが有効だ。

 6R、岡崎が入り込んでくるところへ右フックを合わせた佐々木がその後もパンチを当てていく。

 7R、左右でボディを叩く佐々木。頭を低く下げて入り込もうとするが、岡崎にフックを合わせられる。

 8R、佐々木はラッシュを仕掛けて右フックから頭を低く下げてのフック連打。岡崎も左ボディや左右連打で応戦する。最後は打ち合いになり、佐々木のフックが左、右、左と入り、右ストレートでも飛び込んでいく。

 アグレッシブに攻め続け有効打も多かった佐々木が判定で復帰2勝目をあげた。これで戦績は41勝(25KO)10敗1分。

 佐々木は勝利者インタビューに答え、「正直言うと不満です。倒して勝ちたかったし、倒せるチャンスが2~3回あった。来た人みんなの期待に応えたい気持ちでやっているので、勝てたのはいいけれど合格点ではないです。残された時間はそんなにないので、今年か来年にでも勝負したいです。日本タイトルならまだいけるんじゃないの、と。もっと今から強くなろうと思っています」と、日本王者返り咲きを目標に掲げた。

 また、シューズではなく地下足袋を履いている理由を聞かれると、「復帰した時にリングシューズを捨てちゃってて、アルバイトで履いていた地下足袋を履いてやってみたらしっくりきたから」と答えた。

最終更新:8月2日(火)23時28分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]