ここから本文です

<光宗薫>「闇金ウシジマくん」シーズン3に出演 監禁されて「時間の感覚がなくなっていく…」

まんたんウェブ 8月2日(火)16時7分配信

 モデルで女優の光宗薫さんが、人気ドラマの2年ぶりの新シリーズ「闇金ウシジマくん Season3」(MBSは日曜深夜0時50分、TBSは火曜深夜1時28分)に出演中だ。原作は、真鍋昌平さんが「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載中で、コミックスが累計1000万部を突破している人気マンガ。今回は“危険度MAX”との呼び声が高い「洗脳くん」編を実写化している。光宗さんは、フリーターで優柔不断な彼氏がいる女性雑誌の編集者・上原まゆみ役で、中村倫也さんが演じる女性をマインドコントロールして貢がせる謎の男・神堂によって術中にはまり、堕(お)ちていく様を体当たりで演じている。光宗さんに中村さんらとの撮影エピソードや見どころなどについて聞いた。

【写真特集】赤いパンプスが印象的 おしゃれな全身カット

 ◇原作を読んで「自分の周りは平和でよかった」

 光宗さんは「闇金ウシジマくん」の出演オファーがあった際の率直な感想を「あの“ウシジマくん”に自分が出られるんだといううれしさがあり、また、どういった役なのかといったのは不安に思っていました」とうれしさと不安がないまぜな心境だったという。「洗脳くん」で洗脳される役と聞き、「原作も読ませていただいて、ウシジマくんの中でもハードなシーンが多いお話だったので、すごく楽しみでした。普段の生活で自分でも経験しそうな(地続きの)役なので、(演じたら)どうなるんだろうと楽しみでしたね」とワクワク感の方が上回ったようだ。

 原作については「青年マンガの中でも結構ハードな方ですよね。でも、すべての話が自分もなりうるかもしれない。完全に現実とかけ離れた話でもないので。それは映画もドラマシリーズもそうなんですけれど、見終わって、自分の周りは平和でよかったな、と改めて思えるような感じが好きです」と話す。

 ◇中村倫也「神堂とのギャップはない」

 マインドコントロールする側の中村さんについては「私の中では神堂さんとギャップはないんです。演技中と素のときの差をあまり感じないというか。すごく気さくな方なんですけれども、撮影の日数を重ねるごとに、なんとなく姿が見えると、(神堂がいるように空気が)ピリッとするというか……」と独特の存在感があったようだ。

1/4ページ

最終更新:8月2日(火)16時10分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。