ここから本文です

ジーコ氏 日本サッカー殿堂入り

東スポWeb 8月2日(火)11時22分配信

 日本サッカー協会は1日、元日本代表監督のジーコ氏(63)を日本サッカー殿堂に掲額することを決定した。

 現役時代にブラジル代表として3大会連続でW杯に出場するなど活躍した同氏は、Jリーグ創設時に鹿島でプレー。引退後は2002年から日本代表監督を務め、06年ドイツW杯でも指揮を執った。同監督として国際Aマッチ通算71試合と38勝はともに歴代最多で、長年にわたる日本サッカー界への貢献が評価された。併せて1936年ベルリン五輪の日本代表チームも殿堂入りが決まり、9月10日に日本サッカーミュージアムで殿堂掲額式典が行われる。

最終更新:8月2日(火)11時33分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。