ここから本文です

【Krush】KANAが2度目の防衛戦、挑戦者は台湾の殺人蜂

イーファイト 8月2日(火)23時56分配信

 9月30日(金)東京・後楽園ホールで開催される『Krush.69』の記者会見が、8月2日(火)都内で行われ追加対戦カードが発表された。

【フォト】強烈なパンチでグレイシャアを追い込むKANA

 Krush女子王者のKANA(K-1ジム・シルバーウルフ)が、2度目の防衛戦を行う。KANAは2015年9月にデビューし、強打を武器に3連続KO勝ち。今年4月、わずか4戦目で元J-GIRLSミニフライ級王者・紅絹を破って第2代Krush女子王座に就くと、7月には初代&第3代J-GIRLSフライ級王者グレイシャア亜紀の挑戦を退け初防衛に成功した。

 わずか2カ月のスパンで行われる今回の2度目の防衛戦、挑戦者はキル・ビー(台湾)に決定。ビーは台湾アマチュアボクシング大学選手権の金メダリストであり、2013年世界選手権女子ライトフライ級台湾代表の経歴を持つ。Krushには今年1月に初参戦し、“9冠王”Little Tigerを破った。

 KANAは「2度目の防衛戦ということで、ここ2戦は苦戦が続いているのでKO勝ちにこだわりたい」と挨拶し、「気持ちが強くてアグレッシブで高い技術がある。かみ合う試合になると思います」とビーを評した。

 Krush2戦目にしてタイトル挑戦のチャンスをつかんだビーは、「今回の試合のために私は十分な練習をしてきました。素晴らしいエキサイトする試合をお見せしたいと思います。必ずKOして勝ちたいと思います」と、こちらもKO宣言。KANAの印象は「試合は映像で見ました。KANAが一流でとても強いことは知っている。試合が出来るのは光栄です。そのKANA選手を倒したい」と答えた。

 ビーのKO宣言を聞いたKANAは、「KOすると言ってくれたので、倒しに来てくれるので試合が盛り上がると思う。バチバチの打ち合いをして最高に盛り上げて、最後は自分が倒して勝ちたいです」と笑みを浮かべる。「海外の強豪とどんどん試合をしたいので、ビーとやれるのは嬉しい。リスクもあるけれど、その分、勝ちに向かって生活していける。緊張感を持ってコンディションを整えられます。タイトルを獲って、相手も強くなっているので苦戦が続いていますが、自分のスタイルを貫き通したい」と王者らしいコメントも。

 また、ビーが「私の名前は“殺人蜂”です。殺人蜂がヒザで刺すところを見て欲しい」とヒザ蹴りでのKOを予告すると、KANAは「蜂に刺される前に倒します」と返した。

<決定対戦カード>

▼Krush女子タイトルマッチ 3分3R延長1R
KANA(K-1ジム・シルバーウルフ/第2代Krush女子王者)
vs
キル・ビー(台湾/Iron Boxing Gym/挑戦者)

最終更新:8月2日(火)23時56分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]