ここから本文です

Huluがフィギュアスケート界の内幕描くドラマ制作へ タラ・リピンスキーが監修

映画.com 8月2日(火)17時30分配信

 [映画.com ニュース] 米映像配信サービスHuluが、新たにフィギュアスケート界の内幕を描くドラマシリーズを制作することがわかった。1998年の長野オリンピックの女子シングル金メダリストで、現在はスポーツコメンテーターとして活躍するタラ・リピンスキーがプロデュースと監修を務める。

 米Deadlineによれば、タイトル未定の新ドラマは、オリンピックを目指し、フィギュアスケートのためにすべてを犠牲にして切磋琢磨する10代から20代の男女を描く。

 史上最年少15歳で五輪女子シングルの金メダリストになったリピンスキーは、「フィギュアスケートは、一般的な観客の目にはとても優雅で美しいスポーツに映ると思いますし、実際に選手はそうあろうと努力をしています。しかし、舞台裏ではもっと複雑な、時にショッキングな出来事もたくさん起こっている。私は自分の人生の大半をスケートに捧げてきたし、スケートというスポーツを愛しています。良いところも悪いところも、実情が反映されたドラマを制作したい」と話している。

 新ドラマは、「二ツ星の料理人」「コンテイジョン」などを製作したマイケル・シャンバーグがプロデュース、「マッドメン」の脚本家ジョナサン・イグラが脚本を手がける。キャストは未定。

最終更新:8月2日(火)17時30分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。