ここから本文です

広島・福井、神宮5年ぶり勝利で鬼門突破じゃ 4日ヤクルト戦先発

デイリースポーツ 8月2日(火)5時59分配信

 マツダスタジアムでの投手指名練習に参加した広島・福井優也投手(28)が1日、鬼門突破へ強い意志を示した。4日のヤクルト戦(神宮)で先発予定。これまで神宮での登板は7試合で1勝3敗、防御率8・61と打ち込まれている。11年の8月31日以来、5年ぶりの白星を狙う。2日からのヤクルト3連戦は1戦目にジョンソン、2戦目に九里が先発する。

 勢いに乗って鬼門突破だ。今季公式戦初対戦となるヤクルト戦(神宮)。福井はマツダスタジアムでの投手指名練習に参加し、キャッチボールやポール間ハーフ走など黙々と調整を行った。

 過去、神宮での登板は7試合で1勝3敗。防御率8・61と打ち込まれている。「気にはしますけど、オープン戦でしっかり投げられた。いいイメージを持っていきたいと思います」。3月15日のヤクルトとのオープン戦(神宮)では、6回4安打1失点の好投。苦手意識払しょくに確かな手応えをつかんだ。

 再昇格後の初登板となった7月28日の巨人戦(京セラドーム)では、圧巻の投球で7回5安打無失点。4月10日以来、102日ぶりとなる2勝目をつかみ取った。「まだ(再昇格して)1試合しか投げていないので、次の試合が大事。先発陣が疲れてくるのでそこをしっかりカバーできればいいと思います」と責任感は十分だ。

 今季は投手キャプテンに指名されたが、前半戦は苦しんだ。「自分で自分が分からなくなった。自信をなくして(気持ちが)ホームに向かっていくことができなかった」と振り返る。

 7月を逆転勝利で締め、迎えた勝負どころの8月。2日のヤクルト初戦は、今季の対戦成績4戦4勝のジョンソンが先発し、2戦目は九里。3戦目に福井が先発する予定だ。

 ヤクルトは畠山や雄平、川端ら主力打者に故障が相次いでいるが「相手打線というよりは、自分のボールをしっかりと投げ込んでいく。いろんなことが起こるので、冷静に投げたいです」と福井。ルーキーイヤー以来となる5年ぶりの神宮星を狙いにいく。

 チームは2位巨人に8差をつけ、首位を独走中だ。残り45試合。最短で5日に優勝マジック32が点灯する。「しっかり貢献したい気持ちはありますけど、硬くなってもダメなんで。自分は自分の仕事をするだけです」と静かに闘志を燃やした。福井が鬼門突破でツバメ打線を封じ、チームの勢いをさらに加速させる。

最終更新:8月2日(火)19時51分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]