ここから本文です

エイサ・バターフィールド&アレックス・ウルフ、青春小説「House of Tomorrow」映画化に主演

映画.com 8月2日(火)17時30分配信

 [映画.com ニュース] 19歳の俳優エイサ・バターフィールド(「ヒューゴの不思議な発明」)と、18歳のミュージシャン・俳優アレックス・ウルフ(俳優ナット・ウルフの弟)が、作家ピーター・ボニャーニの青春小説「The House of Tomorrow(原題)」の映画化作品に主演することがわかった。

 2011年に出版された原作は、女の子とパンクに夢中な2人の男子高校生を通じて、故リチャード・バックミンスター・フラー(米マサチューセッツ出身の思想家、建築家、デザイナー、発明家)を描く物語。変わり者の祖母に11年間ホームスクールでフラーについて教えられた少年セバスチャンは、祖母が倒れてから高校に通い始め、心臓移植を受けたヘビースモーカーの少年ジャレッドと出会い、パンクバンドを結成する。

 米バラエティによれば、バターフィールド、ウルフのほかに、エレン・バースティン、モード・アパトー、ニック・オファーマン、ミカエラ・ワトキンスが共演。ピーター・リボルシーが自らの脚本をもとに、長編初メガホンをとる。現在、ミネソタ州で撮影が進行中だ。

 バターフィールドは、主演するSFロマンス「The Space Between Us(原題)」が12月21日から全米公開。ウルフは、ボストンマラソン爆破テロ事件を題材にしたマーク・ウォールバーグ主演・製作「パトリオッツ・デイ(原題)」で実行犯の1人を演じており、同作は2017年1月13日に全米公開される。

最終更新:8月2日(火)17時30分

映画.com