ここから本文です

天月-あまつき-、『箱庭ドラマチック』リリイベに3,500人のファン集結

M-ON!Press(エムオンプレス) 8月2日(火)16時49分配信

少年ボイスの次世代アーティスト・天月-あまつき-が7月29日、池袋サンシャインシティ噴水広場にて、2ndアルバム『箱庭ドラマチック』のリリースを記念してフリーライブ&ハイタッチ会を行った。

【詳細】他の写真はこちら

15時からと18時からの2回の公演だったが、早朝から優先エリアの整理券を求めて長蛇の列ができ、天月-あまつき-の人気を肌で感じさせる。

天月-あまつき-は、少年ぽさに色気も混じるハイトーンな歌声と、あどけなささえも感じさせる爽やかなルックスが魅力のボーカリスト。メジャーデビューからまだ2年にも関わらず、Twitterフォロワー数が54万人をゆうに超え、複数サイトの歌唱動画は総再生回数9,800万を遥かに上回り、10代~20代前半の若い女性を中心に絶大な人気を誇っている。

7月27日にリリースされた2ndアルバム『箱庭ドラマチック』は、前アルバムから約2年ぶりとなるファン待望作。それを記念しての今回のフリーライブとなったが、さらになかなかイベントに来づらいファンのために、一部をLINE LIVEでも同時配信した。

「みなさん、こんにちは!」今アルバムのリード曲「流れ星」のミュージックビデオの衣装に身を包んだ天月-あまつき-が登場すると「キャーッ!!」と大きな歓声が上がった。「さっそくですけど、みんなで声出ししましょう!」と登場から爽やかにファンを煽り、会場があたたまりはじめたところで、『箱庭ドラマチック』にも1曲目で収録されている「シューティングスター」がスタート。背面には星が弧を描き、一気に噴水広場が天月-あまつき-の持つファンタジックな世界に変わる。

2曲目からはLINE LIVE配信がスタートし、天月-あまつき-は彼の親友であり、かつmelostのラップ担当でもある、ラッパーのはしやんを呼び込み、今回のアルバム収録の「ナノレンズ」を披露。今回が初披露にも関わらず、明るいメロディと鋭くも踊るようなラップで会場が、今度は軽快でハッピーな雰囲気に包まれた。

「あの人も呼ばなきゃね!」と次に天月-あまつき-が呼び込んだのは、今作のアルバムリード曲「流れ星」の作曲者であり同い年で親友の佐香智久(少年T)。登場と同時に高くあがった噴水をコミカルにいじりつつ、かねてから3人でLINE LIVEを行っていた「箱庭ドラマチック通信」のようなMCゾーンに。LINE LIVEで配信中の自分たちの様子やファンのコメントを顔を寄せ合って観る3人に、会場からはさらに歓声が起きる。

今回、佐香智久(少年T)は「流れ星」の作曲だけではなく、作詞作曲およびデュエットで「気まぐれメリーゴーランド」にも参加。同曲が初披露されると、会場が一体となって腕をメリーゴーランドになぞらえて高く回した。

再びステージ上にひとりで立った天月-あまつき-は、2ndアルバムが無事に発売できた喜びと感謝を会場とLINE LIVEの視聴者に向けて述べ、今回のアルバム『箱庭ドラマチック』のリード曲・佐香智久作曲の「流れ星」を歌唱。今年4月にリニューアルし、巨大LEDビジョンをあらたに備えた池袋サンシャインシティ噴水広場に、この日のためにオリジナルで新しく作成された夜空が壮大に映し出され、天月-あまつき-がまるで、星に包まれて歌っているようなシチュエーションとなった。

2ndアルバムをリリースしてまだ数日のこの日を、多くのファンに囲まれて過ごせる幸せをかみしめて、その想いをメジャーデビューアルバムから「Hello, My story」に込めて歌い、その気持ちがまっすぐにファンに届いたのか、大きな拍手でイベントは終了した。

8月には仙台・大阪・名古屋・東京とアルバムを引っ提げてのツアー『箱庭ドラマチックTOUR 2016~Looking for a shooting star~』がスタート。デビューから進化し続ける人気急上昇中のボーカリスト・天月-あまつき-。そのまっすぐな心根と熱さを感じさせるライブを、この夏体感しよう。

リリース情報
2016.07.27 ON SALE
ALBUM『箱庭ドラマチック』

天月-あまつき- OFFICIAL WEBSITE
http://amatsuki.jp/

最終更新:8月2日(火)16時49分

M-ON!Press(エムオンプレス)